日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


・お笑い芸人&司会者・島田紳助

★島田紳助の傷害事件と謹慎



島田紳助の傷害事件と謹慎

2004年10月25日に
大阪・朝日放送で『クイズ!紳助くん』収録の前に
吉本興業の女性マネージャーと口論になり、
首を殴って頸椎に捻挫を負わせていたことが明らかになった。
女性マネージャーは大阪府警に被害届を提出し、
10月28日付で傷害事件として正式告訴された。
同日には吉本興業の東京支社で記者会見にて謝罪した。

これを受けて吉本興業では11月4日まで紳助を謹慎処分とし、
期間中のレギュラー番組については、
各局ともテロップ(収録した日付など)を挿入して通常通り放送した、
但し『行列のできる法律相談所』については法律をテーマに扱っているだけにテロップ挿入で放送というわけにはいかず、緊急生放送として事務所の後輩で番組レギュラーである東野幸治を司会に立てて放送した。

大阪府警大淀署は11月4日、
紳助を「加害者」として
傷害罪の疑いで大阪簡易裁判所へ書類送検し、
略式起訴で30万円の罰金となった。

暴行事件後の10月の会見で
島田紳助は「髪をつかんで座らせ、平手で一発」と発表していた。
しかし、その後の略式起訴の際には
「右手やリュックサックで頭を殴った他、
髪を掴んで壁に打ち付け、唾を吐き掛けるなどの暴行を加え、
約2ヶ月の怪我を負わせた」という起訴事実を認めた事が分かっている。

なお、本人は、当初の11月4日までの芸能活動自粛期間の無期限延期を表明し、
11月8日の『キスだけじゃイヤッ!』を最後にブラウン管から一時期姿を消した。
2005年1月2日に『行列のできる法律相談所』内の生放送で復帰のあいさつと、
事件についての謝罪を行い復帰した。

当時、マスコミ各社は吉本興業の影響力を恐れ、
島田紳助司会者」「島田紳助所属タレント」などと苦肉の策でつけた肩書きを以って事件を報じた(→報道におけるタブー)。

女性マネージャーは事件後休職し、
2006年6月限りで休職期間満了として退職。
8月4日に被害者女性が島田と吉本を相手取り、
4400万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしている。
また、仕事ができなくなったのは首の捻挫やPTSDなどが原因であるとして、
退職扱いの無効と雇用関係の確認も求めている。

島田紳助 (シマダ シンスケ)タレントプロフィール
「寿司 はせ川」オフィシャルサイト・オーナー島田紳助氏
島田紳助・夢の店 石垣島・喫茶トムル
島田検定!! 国民的潜在能力テスト・島田検定SUPER!!


| コメント(0) | TB(0) | ・お笑い芸人&司会者・島田紳助
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25653988
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。