日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


・お笑い芸人、明石家さんま

★明石家さんまの芸名(愛称)



さんま」の芸名は実家が秋刀魚(さんま)の加工業を営んでいたところから名づけられている。
明石家」は師匠笑福亭松之助の本名「明石徳三」からもらいうけたもの。
「明石屋さんま」は誤字。
なお弟子入り当初は「笑福亭さんま」であった。

ちなみに当時さんまと同じく弟子入りしていた長谷川公彦が、
師匠の島田洋乃介・今喜多代(現・今日喜多代)に『島田紳助』と芸名を決められた時、
杉本高文は「その名前じゃ絶対売れない」とからかい、
島田紳助も落ち込む。
が、そのすぐあとに杉本高文が『さんま』という芸名を貰った話を聞いて『こいつ(芸能人として)終わったな』と逆に島田紳助に大笑いされる。
が、現在も大御所として互角である。

愛称は「さんちゃん」
(所ジョージなどが使用し、嘗ては桂三枝の愛称でもあった)、
「さんちゃま」また、中堅〜若手芸人からは「さんまさん」(ナインティナインなど)「さんま兄さん」(今田耕司など)と呼ばれている。
また、所ジョージは「明石家さん」と呼ぶこともある。
萩本欽一の「大将」、
ビートたけしの「殿」に対する形で「若」という呼称もある(主にジミー大西などが使用)。
「師匠」と呼ばれることはめったにないが、
次長課長の河本準一やオリエンタルラジオはこう呼ぶ。


自分のお笑いのためなら他人のオチを吸収してさらに面白くすることから「お笑い怪獣」という尊称で呼ばれており、
これは田中直樹(ココリコ)が付けたとされているが、岡村隆史(ナインティナイン)か極楽とんぼが付けたとの説もある。

過去に「西の郷ひろみ」と呼ばれていたことを出演した番組の中でたまに強調する。

同じくBIG3であるタモリ、ビートたけしからは「お前」「あんた」「さんちゃん」「さんまちゃん」と呼ばれ、
さんまはタモリやビートたけしを基本的にはさん付けで呼ぶが、
突っ込む時には、年上にも関わらず「ビート」(もしくは「たけ」、「たけし」)などと呼び捨てにしたり「あんた」「お前」などと呼ぶ。

痛快!明石家電視台 公式ホームページ
関西テレビ・さんまのまんま


| コメント(0) | TB(0) | ・お笑い芸人、明石家さんま
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26267274
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。