日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


・お笑い芸人、明石家さんま

★明石家さんまとひょうきん族



1981年に
ビートたけしや島田紳助などとともにフジテレビ系の
バラエティ番組「オレたちひょうきん族」にレギュラー出演。
これを期に全国規模の人気者となる。

人気の火種となったコーナー
「THE タケちゃんマン」の敵役・ブラックデビルは、
当初は高田純次が務めていた。
しかし第2回収録前に高田がおたふく風邪で入院し、
代役として急遽さんまが抜擢された。


出演当初は、
春風亭小朝と即席漫才コンビを組んで出演したこともある。

1985年の日本航空123便墜落事故では、
事故機に搭乗予定だったが、
搭乗を1便早めたために命拾いをする。

当時東京〜大阪間の移動に使っていたのが同便で、
事故当日は
普段あった「オレたちひょうきん族」の収録が中止となり1本早い便に搭乗。


事故の当日は月曜日で、
ラジオのレギュラー番組「MBSヤングタウン」の生放送があった。

番組は殆どが事故の報道だった。
途中でさんまが登場し、
事故の報道以外は音楽を流すことを告げ、
「もう今日はしゃあないやろ」とぼやいていた。
その後はずっと音楽が流されていた。


これ以降ショックでしばらく仕事が手につかず、
移動手段を新幹線に変更した。


ひょうきん族」時代、
「パーデンネン」のメイクをしていたさんまは、
派手な服装やヘアスタイルで有名だった芳村真理から、
さんまちゃん、派手ねー」と言われたことがある。
芳村は当時フジテレビの
歌番組「夜のヒットスタジオDELUXE」の司会をしており、
1985年に同番組の放送曜日が変更となってから、
収録日が「ひょうきん族」と同じ水曜日になっていた。
さんまは未だにこのエピソードが強烈に記憶に残っているらしく、
「夜ヒット」或いは芳村真理と言えば
真っ先にこのエピソードを紹介することが多い。
また、
芳村の代名詞ともなっていた「どおもー」という挨拶であるが、
実際にはさんまが「ひょうきん族」などで
芳村の物真似をしていた中で「どうもー」を連発していたことから、
芳村=「どおもー」のイメージが定着してしまった
(実際、芳村が「どおもー」を言ったことは少ない)。

私生活で女性の出入りが激しいことが語り伝えられ、
本人もそれを否定せず
「日本一の最低男」と開き直るようになった。


その詳細を知る
(?)島田紳助が「ひょうきん族」のコント劇の中で、
さんまの住むマンションの前でさんまの帰りを待つ女性を演じ、
さんま及び付き合っている女性しか知り得ないような内輪ネタを
披露するというシリーズがあった。

さんまに冷たくあしらわれた女性(紳助)がぽつりと漏らす
「寒い・・・」という台詞も受けた。

1987年、「笑っていいとも!」のトークコーナーで、
吉永小百合のファンであるタモリをいじるため、
楽曲中に「鹿のふん」という
吉永らしからぬ歌詞が出て来る「奈良の春日野」を発掘・放送、
大きな話題を集めた。


レコードは吉永の許諾の元再発売され、
フライデー襲撃事件で
たけしのいなかった「ひょうきん族」でもこの曲が流用。
そこではさんまが着ぐるみを着て踊っていた。


ひょうきんニュース」のコーナーに出演する時は、
本名の「杉本高文」を名乗っていた。

数々演じてきたキャラクターの中で、
「パーデンネン」だけは恥ずかしかったらしい。
逆に一番好きだったキャラクターは「ブラックデビル」。
一方、ビートたけしが一番好きだったキャラクターは、
3週で消えた「サラリーマン」である。
ちなみにカルチャークラブのボーイ・ジョージにパーデンネンの格好を見られたとき"You crazy"と言われた。

番組終了後、
フジテレビの美術スタッフから
歴代キャラクターのフィギュアを贈られ、
宝物にしている。

「ひょうきんベストテン」の初代司会者である。

痛快!明石家電視台 公式ホームページ
関西テレビ・さんまのまんま


| コメント(0) | TB(1) | ・お笑い芸人、明石家さんま
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27190182
この記事へのトラックバック
明石家さんま、長澤まさみの秘密暴露
お笑いタレントの明石家さんまが29日未明、フジテレビ「27時間テレビ」に出演し、SMAP中居正広とのトークで、今秋クール(10~12月)のTBSドラマで女優長澤まさみと共演することを暴露した。TBSで..
ブログ名世界萌え萌え旅日記


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。