日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


★お笑い芸人の歴史、構成、ジンクス

★お笑い芸人の歴史



お笑いタレントは基本的に、喜劇役者、落語・漫才/漫談・コント・コメディアン・声帯/形態模写・奇術・コミックバンド、歌手などの芸域のどれかに属する。お笑い芸人の走りは当初から発生する。

殆どが漫才師と呼ばれるものがペアを組むなど所謂どつき漫才と呼ばれるもので笑いを取っていた。1970年代ころ吉本新喜劇、松竹新喜劇などで、大舞台で演技する多数の喜劇役者が一世を風靡した。後にこれらがお笑い芸人として活躍することになる。漫才界ではいとし・こいしなどがTVに登場するなどお笑いを取る芸人として活躍する。コント55号などのお笑い芸人も活躍した。漫才ブームが始まり、バラエティ番組『オレたちひょうきん族』(フジテレビ)では複数のコントから構成される番組であったため、出演する芸人がベースとする演芸の領域を超える内容となっていた。

必然的にこれらの領域は(特に漫才/漫談とコントの間で)ボーダーレス化し、一括して「お笑いタレント」「お笑い芸人」 という言葉で総称されるようになった。 『ひょうきん族』お笑いタレントの主な活動拠点は演芸場からテレビに移っており、その結果、持ちネタや持ち芸を披露する機会は少なくなり、本来の職分である芸人としての彼ら自身と、一般視聴者との中間的存在であることが求められるようになった。ビートたけしや形態模写出身の明石家さんま、タモリのように、芸域の痕跡を喪失したお笑いタレントも見られるようになった。

バラエティ番組におけるお笑いタレントは、司会者やそのアシスタント、レポーター、クイズの解答者などの立場で出演し、面白いこと言ったり、なにかの行為をする際に失敗してみせたりすることで、笑いを誘発する。
これにより視聴者に対し、テンポ的起伏、番組で扱う事物への客観性、番組内容への感情移入のしやすさなどを提供する。


| コメント(0) | TB(0) | ★お笑い芸人の歴史、構成、ジンクス

★お笑い芸人の歴史、構成、ジンクス

★お笑い芸人の構成



1人の場合、「ピン芸人」、コンビ等を組みつつ単独で活動する事を「ピン」と呼ぶ。

2人組を「お笑いコンビ」と言う。

3人組を「お笑いトリオ」と言う。

4人以上メンバーで構成される場合は「お笑いグループ」、または「お笑いユニット」と言う。

多数のお笑いタレントを抱える事務所としては、大阪の吉本興業や松竹芸能、東京ではワタナベエンターテインメントや浅井企画、オフィス北野やプロダクション人力舎などが挙げられる。


タグ:お笑い
| コメント(0) | TB(0) | ★お笑い芸人の歴史、構成、ジンクス

★お笑い芸人の歴史、構成、ジンクス

★お笑い芸人のジンクス



お笑いタレントには様々な「売れる」「消える」ジンクスが幾つか存在する。  

お笑い芸人のジンクス「売れる」法則

コンビ名の最後に「ん」が付く、または「ん」が2つ入る。
例:ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、ナインティナイン、ロンドンブーツ1号2号等

お笑い芸人のジンクス上記と同じ法則で「し」が付く(主に個人名)。
例:ビートたけし、明石家(あかしや)さんま、森田一義(もりたかずよし)、島田紳助(しまだしんすけ)等

お笑い芸人のジンクス「消える」法則

流行語大賞を受賞した(ノミネートされた)者。
例:パイレーツ(「だっちゅ〜の」)、テツandトモ(「なんでだろう」)等


| コメント(0) | TB(0) | ★お笑い芸人の歴史、構成、ジンクス

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。