日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


★プロダクション人力舎

芸能プロダクション・プロダクション人力舎

芸能プロダクションプロダクション人力舎(−じんりきしゃ)は、
お笑い芸人専門の芸能事務所。
玉川善治が1977年に設立。
所在地は東京都杉並区高円寺南。

プロダクション人力舎・社長インタビュー(イノベーティブ・ワン)

芸能プロダクションプロダクション人力舎の概要

芸能プロダクションプロダクション人力舎
設立当初は東京乾電池(高田純次・柄本明・ベンガルなど)が所属、
その後もシティボーイズ(大竹まこと・きたろう・斉木しげる)、
マギー司郎、竹中直人、中村ゆうじ、B21スペシャル(ヒロミ、ミスターちん、デビット伊東)などを世に送り出した。またどこの事務所にも所属していなかったとんねるずもデビュー前に誘われたことがあった。

芸能プロダクションプロダクション人力舎は1992年、
若手芸人育成のために東京初のお笑い専門学校「スクールJCA」を開校。
毎年、優秀な生徒数組をJCAプロモーションの所属として残し、
さらに将来性のあるグループを正式に人力舎へ昇格とするシステムをとっている。

光浦靖子によれば、
芸能プロダクションプロダクション人力舎の玉川社長は
「タレントが月1000万円以上稼ぐようになると売り方が分からなくなる」といい、
売れたタレントに移籍を奨めていたという。
実際、シティボーイズ、B21スペシャルらは独立したが、
1990年代以降は売れて移籍した芸人はほとんどいない。
芸能プロダクション・プロダクション人力舎は小規模な事務所にもかかわらず、
昨今のお笑いブームの中心を担う人気若手芸人を多数抱えている。

芸能プロダクションプロダクション人力舎事務所は
芸人を売れるように育てようという意識がなく、
芸人自ら売れようとしなければならない。
そのためスクールJCAを出たとしても、
自力で売り込みをかけなくてはならない。
そのため一時期は、「明日にでも売れたい」と言う芸人は
芸能プロダクションプロダクション人力舎事務所を辞め「何とかなるでしょ」とおおらかに考えていた芸人が残っているらしい。

芸能プロダクションプロダクション人力舎事務所に
上下関係はないとして有名であり
(例えばドランクドラゴンは北陽の後輩であるが敬語を一切使わないなど)、
芸人の間でも先輩後輩としての区切りを意識してないらしい。
芸能プロダクションプロダクション人力舎では
一時、最近入った若手が
アンジャッシュやおぎやはぎなどの先輩芸人を前々からTVで見ている為か、
挨拶などが必要以上に凄かったそうだが、
おぎやはぎの矢作の「それ(挨拶)をやめさせろ」という発言があったからか
最近は以前以上に上下関係がなくなったとの情報もある
(アンタッチャブル柴田の『JUNK』での発言より)。 

芸能プロダクションプロダクション人力舎の玉川社長が梅干業界にも手を出しており、
芸能プロダクションプロダクション人力舎所属の芸人は
タレントがお土産を持参する企画では必ずといっていい程この梅干を持ってくる。
おぎやはぎが「さんまのまんま」に出演し、
お土産にその梅干を明石家さんまにプレゼントした。
その場で梅干を食べたさんまは
「不味くはないけど・・・まぁまぁやな。」と微妙な反応であった。
| コメント(0) | TB(1) | ★プロダクション人力舎

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。