日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
無一文からの貧乏脱出!


・横山ノックさん死去・波瀾万丈人生に幕

横山ノックさん死去・波瀾万丈人生に幕


横山ノック(よこやま ノック、本名 山田 勇(やまだ いさむ)、
1932年1月30日 - 2007年5月3日)は、
お笑いタレント、元参議院議員、元大阪府知事。
兵庫県神戸市出身。
愛称は「ピッカリくん」「タコ小僧」「明石のタコ」「ノック先生」。
個人事務所のやまだ真企画に所属していた。
長男は、ラジオDJの山田一貴。

漫画トリオ解散・参議院議員に
1968年に漫画トリオを解散し、
参議院議員選挙全国区に無所属で立候補し当選。
以後は参議院議員としては分かりやすい政治の広報として、
また、タレント業も継続し、
『ノックは無用!』などのトボケ司会、
上方漫才での大御所「先生」の称号を得るようになりながらも、
相変わらず(後輩芸人からも)
激しい突っ込みにさらされる親しみやすさでで人気を博した。
歌手としても 1976年にレコード『ガンバレ! たこやきちゃん』を発売、
関西を中心にヒットした。
参議院議員は全国区2回(1968年・1977年)、
大阪選挙区で2回(1983年・1989年)の当選を重ねた
(1974年は全国区立候補も落選)。
院内では第二院クラブ、民社党・国民連合に属した。

参議院議員辞職、大阪府知事へ、そして転落-頂点からどん底へ
1995年参議院議員を辞職の後、
政党に頼らない無党派であることを旗印にし、大阪府知事に当選。
ほんの一部を除いてタレント業を封印し、
大阪府の赤字解消を目標に掲げて施策を行った。
当初は議会のほとんどが野党という状態ではあったが、
芸人としての知名度と愛着の持たれるキャラクターから府民の人気は高く、
APECの成功など実績も評価されて
1999年の2期目選挙には235万票という大阪新記録の得票によって当選した。
しかしその選挙活動の際に
自陣営の運動員をしていた女子大生にセクハラをしていたことが
選挙終了後すぐに発覚し、
当初は否定して2期目に就任したものの、
同年12月に強制わいせつ罪で在宅起訴され、2000年1月に辞職した。
この時AERAは「タコの次はイカす知事がいい」と広告を載せた。
在宅起訴時、
ノックは心労から病院に入院をし、心臓の手術を受けている。

横山ノック:『ウィキペディア(Wikipedia)』 

ノックさん死去…TV復帰叶わず波瀾万丈人生に幕
[ 2007年5月4日付 スポニチ大阪・紙面記事 ]
| コメント(0) | TB(1) | ・横山ノックさん死去・波瀾万丈人生に幕

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。